鼻の毛穴を引き締めるためにやってはいけない4つのケア

鼻の毛穴を引き締める

鼻の毛穴を引き締めるための方法としては、やはり毛穴の汚れを取り除くことが基本で、正しく洗顔を行ったり、丁寧に保湿を行ったりすることが最善の方法であることは間違いありません。

ただ、世の中には間違った方法を喧伝する人達もいて、依然として間違った方法でケアを行っている方も多々いるのが現状です。

そこで、今回は鼻の毛穴を引き締めるためにやってはいけないケアについて触れたいと思います。

鼻の毛穴を引き締めるために冷やす

寒い冬などに屋外に出ると、毛穴が急激に縮まることがありますよね。体温を逃さないように毛穴を閉じるために起こる現象ですが、これを利用して鼻の毛穴を引き締めようとする方法があります。

簡単に言えば、氷などを使って鼻を冷やすことで毛穴を引き締めるわけです。ただ、この方法は、やはり悪手となります。

急激に冷やされた鼻は、当然ですが元の体温に戻すための防衛反応が起こりますからね。この温度差により過剰な皮脂が分泌されますので、毛穴が詰まり症状は悪化します。

鼻の毛穴を引き締めるために収斂作用のある化粧品を使う

鼻の毛穴を引き締めるために収斂(しゅうれん)作用のある化粧品を使うのも勧めることができません。

強制的に毛穴を引き締めることで鼻の毛穴を目立たなくするわけですが、こういった化粧品の主成分はエタノール、つまりはアルコールです。

アルコールの揮発性を利用して爽快感などをもたらすわけですが、一緒に肌の水分も飛ばすため症状が悪化します。お肌が乾燥すればさらに皮脂が分泌されますので、結果的に皮脂の過剰分泌となり毛穴が詰まり毛穴が開くことになります。

鼻の毛穴を引き締めるために石鹸で洗顔する

鼻の毛穴を引き締めるために石鹸で洗顔する方もいますが、これもやめておきましょう。

皮脂は毛穴を詰まらせ鼻の毛穴を開く作用もありますが、だからといって全く不要なものではありません。

ゆえに、必要な皮脂まで流してしまう石鹸などの強い力を持ったものでの洗顔は勧められないのです。

鼻の毛穴を引き締めるためにあぶら取り紙を使用する

過剰な皮脂を取り除くためにあぶら取り紙を使用する方は多いですが、これもやめておきましょう。

何度も皮脂が取り除かれることで、返って皮脂が過剰に分泌される結果になることが多いです。

ですので、鼻の毛穴を引き締めるための方法として、あぶら取り紙は勧めることはできません。

まとめ

いかがだったでしょうか。鼻の毛穴を引き締めるための方法として、やってはいけないケアについてはご理解頂けましたでしょうか。

やはり、根本的な問題を解決するのが最適であると言うことですね。対症療法ではなく、時間は掛かっても洗顔や保湿などを丁寧に行うことで解決するのが最善だと言うことです。

ですので、洗顔や保湿による効果が思うように出ないからと言って、今回挙げたような方法を取ることはないようにお願い致します。