いちご鼻は皮膚科で治療すべき?

いちご鼻

触ったときのザラザラとした感触、黒ずんだ毛穴が目立つ見た目、と不快感の塊のような存在であるいちご鼻ですが、今回はこのいちご鼻について見ていきたいと思います。

特に、いちご鼻の改善のために皮膚科にかかるべきか否か、気になっている方は多いことでしょうからね。では、順に見ていきましょう。

いちご鼻の原因

いちご鼻になる原因は、毛穴の汚れです。皮脂の過剰分泌や代謝が上手くいかず残された老廃物が毛穴に残り酸化、これらが黒ずみの原因となりいちご鼻となるのです。

改善方法としては、洗顔や保湿などがあり、酵素入りの洗顔料や化粧水などを使ってケアすることが挙げられます。

では、いちご鼻は皮膚科に掛かる必要はないのか?と問われると、少し違います。やはり、専門的な医師の診断を受けることは、治療に際して非常に有効に作用するのが現実です。

いちご鼻は皮膚科でどのような治療が行われるのか?

皮膚科で行われるいちご鼻の治療の一つは「ケミカルピーリング」と呼ばれる治療です。方法は皮膚に酸性の薬剤を塗布する方法で、肌のターンオーバー、新陳代謝を促します。

酸性の薬剤がいちご鼻の原因となっている毛穴に詰まった老廃物などの汚れを取り除く働きをするため、皮膚科では基本的な治療として広く普及している方法です。

皮膚科で行われるいちご鼻のもう一つの治療方法はレーザー治療です。レーザー治療は簡単に言うと、皮膚に孔をあけて再生を促すことでいちご鼻を改善する治療法です。

皮膚に孔をあける治療と聞いて、怖い印象を持つ方も多いかも知れませんが、開ける孔の大きさは目に見えない程の微細なものですし、痛みはありますが必要以上に心配する類のものではありません。

いちご鼻の治療に皮膚科を頼るのはお勧めの方法である

前項で触れた通り、いちご鼻の治療は一つではありません。ゆえに、いちご鼻の治療法として皮膚科を頼る方法はお勧めできる方法と言えるのですね。

最近では市販品を頼る方法もあり、自分で状態を見つつ改善方法を探る方法もありますが、やはり専門家に頼る方法が最も優れていることは間違いのない事実です。

皮膚科の専門医であれば、いちご鼻の状態の見極めも適切に行ってくれますし、何より安心感を持って相談できる点は、いちご鼻の問題を抱えている方にとっては心強く、精神的にも落ち着いた状態で治療に臨めるメリットがあると言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。いちご鼻の治療は皮膚科で行うべきか否かについてはご理解頂けましたでしょうか。

治療方法も一つではありませんし、各治療のメリット、デメリットを相談できる専門医を頼るのは、やはり推奨できる方法と言えるでしょう。

ですので、特にこだわりがないのであれば、まずは皮膚科の専門医に頼られることをお勧め致します。